オリバーズボート キャプテンブログ

毎度、オリバーです!

オリバー号の魚探を新調です。

以前から取り付けたかったLOWRANCE社の魚群探知機。

ELITE7-Ti

ELITE7-Ti

これまで手が出なかったHDSシリーズとほぼ同じスペックで、魚探に加えてダウンスキャン、サイドスキャンといった画像解析で海の中を映し出してくれる振動子がパッケージされたハイスペックな魚探。

海の中の様子がとてもよくわかります。

魚探がどれだけ凄いかは、詳しく輸入元のジムクォーツさんのページに書いてあるので、そちらをお読みください!

http://www.kt.rim.or.jp/~jim/main/01_information/information.html

tranducer

tranducer

振動子はこのようにトランサムに取り付けます。

20161115_162738オンダッシュで見やすく操作しやすい位置に取付ています。
左側にはホンデックスのソナーが装備されています。

20161115_164626さらに、エンジンの情報もモニターに映し出すことができるので、航行中の目線の移動が少なくて安全に走れるのです!!

このようにGPSと魚探だけでなく、様々な機能をひとつのモニターに追加していくことが可能なので、ウチのカロライナスキッフのようにコンソールが小さくてたくさんのモニターを設置できない船にとっては大きなアドバンテージです!
もう、たくさんのモニターを並べる時代は終わりました(笑)

screenshot_2016-11-25-10-13-59

また、Wifiでスマホにモニター情報を一度に最大6台まで飛ばすことができるので、船首側で釣りをしている人にも今どうやって魚が映っているか、海の中の様子が船の上でみんなで共有できるのが最先端ですね!

20161115_170423魚探画面は、左が通常の魚探、右側がダウンスキャン。

周波数が違うので、これまで200kHzなどでは捉えられなかった魚影が映し出されることも多く、魚が居てるか否かが本当によくわかります。

これで釣れなかったら、上手な言い訳考えないといけませんね(笑)

 

軍事技術をフィードバックさせたアメリカ製の魚探は本当に最先端!

世界中の海で使用されている、グローバルスタンダードです!

タッチパネルでスマホのようにスイスイと使うことができるので、たのしいですよ(^-^)

詳しくは、輸入元のジムクォーツさんのページでご確認ください。

http://www.kt.rim.or.jp/~jim/index.html

お問い合わせ、お見積もりは当店まで!!

http://oliversboat.com

オリバーズボート

down

コメントする




CAPTCHA